スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 麻耶 雄嵩

首なし死体、密室、蘇る死者、見立て殺人……。京都近郊に建つヨーロッパ中世の古城と見粉うばかりの館・蒼鴉城を「私」が訪れた時、惨劇はすでに始まっていた。2人の名探偵の火花散る対決の行方は。そして迎える壮絶な結末。島田荘司、綾辻行人、法月綸太郎、三氏の圧倒的賛辞を受けた著者のデビュー作。
プロットはかなり良い
よく出来すぎている

ただ、小説としての出来はまったくなってない
はっきりいってつまらない
久々に読むことに苦痛に感じた

どんでん返しさせるための無理やりな解法
登場人物にむりやり納得させんじゃねーってw

これ、解説で新本格って言われて、ひと騒動あったらしいのだけど
そんなもんぼくみたいな一般人にはまったく関係ないどうでもいい話
本格でも本格じゃなくても、おもしろいもん書けって事だ

だれか、このプロットで新しい小説かかねーかな・・・
.12 2011 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hardrockkahe.blog116.fc2.com/tb.php/267-8fd12b34

プロフィール

ぢる

Author:ぢる
たまにdiablo2
2児と1匹のパパ
steamセールで積むゲームを自粛しないとね

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

わんわん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。